トヨタ86

新型トヨタ86登場は2021年?フルモデルチェンジで排気量2.4Lになる?

更新日:

日本だけでなくアメリカでも大人気の国産コンパクトスポーツカーの「トヨタ86」のフルモデルチェンジは2021年に入ってからになりそうです。

次期型にはハイブリッドが設定されるという噂以外に、2.4L水平対向4気筒DOHC 直噴ターボを採用する可能性が高いようです!!

トヨタ86新型は2021年登場?

トヨタとスバルは2021年ごろに投入するFRスポーツカーの生産を開始したようです。

これは新型86(BRZ)を示唆するスポーツカーと思われ、スポーツカーとしての性能をさらに向上させることを目標にしています。

東京モーターショー2017では「GR HVスポーツ コンセプト」を発表し、これが次期新型86(BRZ)にハイブリッドが搭載されるという憶測を呼びましたね。

ガソリンエンジンモデルを2.0Lから2.4L直噴ターボに変更し、ハイブリッドモデルも登場させるという筋書きもありえますね。
他のメーカーでもハイブリッドをどんどんラインナップしているので、そこは外せないのではと思います。

ただ走り好きな熱狂的なファンのために内燃機関エンジンのモデルを残すようにも考えられます。

トヨタ86はアメリカのコンシューマー・レポートの2017年の調査によると顧客に最も信頼されているスポーツカーに選ばれ、人気もかなりあります。

普段使いが多いユーザーにはハイブリッドグレードをアピールし、走り好きなユーザーには2.4L直噴ターボを搭載したモデルでアピールしさらに企業イメージアップと新たなファン層の獲得を狙っているのでしょうか。

パワートレインは2.4L直噴ターボになる?

GR HVスポーツコンセプト

東京モーターショーで発表されたGR HVスポーツコンセプト

次期新型もスバルとトヨタで共同開発される86(BRZ)にはスバルFA24型のエンジンが搭載される可能性が高いみたいです。
小排気量でも3.5L6気筒エンジン並のエンジンを搭載する車と競合できる滑らかな加速性能を誇っています。

ハイブリッドにはTHSⅡを搭載するという見方ができますが、ミッションがATになってしまいます。
これがマニュアル好きなユーザーには人気を呼ばない可能性が高いので、2.4L直噴ターボモデルにマニュアルを設定するということでしょうか。

エンジン FA24型 2.4L水平対向4気筒DOHC 直噴ターボ
最高出力 260hp/5600rpm
最大トルク 376Nm/2000〜4800rpm

参照元 https://www.subaru.co.jp/press/news/2017_11_29_5102/

新車の値引きがこれ以上厳しいと思ったら、この裏ワザを使ってみてください。
この裏ワザによりさらに約13〜60万円安く購入できるかもしれませんよ!
それは「ディーラーの下取り」や「一括査定」よりも約13〜60万円も高く買い取ってもらえた実績がある方法です。
この情報を知らないのと知っているのとでは新車購入時の予算で雲泥の差がつきます。

車査定・買取の見積もりはこちら

-スポーツカー
-かっこいい, トヨタ, 人気, 国産車, 新型

Copyright© クルマスタイルマガジン BEEKURU -ビークル- , 2019 All Rights Reserved.