MR2,トヨタ

トヨタがMR2新型復活を計画中?どんなミッドシップカーになる?

投稿日:

トヨタからMR2が新型車として
発売が計画中?

実は噂ではにわかにトヨタで
新型MR2発売に向けて計画が
練られているらしいですよ。

MR2と言えばミッドシップでという
イメージがありますがEVで登場する
可能性も浮上しています。

MR2新型の予想発売時期は2020年!

新型MR2の復活がなぜ取り上げられて
いるのかというとすでに86が復活していて
スープラも新型で登場します。

トヨタにとってセリカ(86)と
スープラとMR2はとても思い入れの
強い車種になり豊田章男社長も
復活に対して期待しているとのことです。

ショールームに86・MR2・スープラ
3台が同時に並ぶのはとても絵になるでしょうね。

デザイン的には特徴的だった
リトラクタブルヘッドライトではない可能性が
強いですが先代のコンセプトを受け継いだ
コンパクトスポーツカーになるでしょう。

次期MR2の性能は?

新型MR2ではハイブリッドシステムだけでなく
電気自動車のコンパクトスポーツカーとして
復活する話もあります。

実際に今からは圧倒的にEVが
増えていくでしょうし日産は
リーフをベースのレーシングカーを
発表していますから
トヨタもMR2でコンパクトEV
レーシングカーというのも有りですね。

ただ純粋なガソリンエンジンモデルも
ラインナップされる可能性があり
ガソリン・ハイブリッド・EVと
幅広く選択肢を広げることも
今のトヨタの技術ならできない
ことはないでしょう。

それにカローラスポーツなどの
コンパクトカーを得意とする
トヨタならもともと共有できる
ベースがあり開発できそうな感じ。

電気自動車がこれからはどんどんと
登場する世の中になりますが
ホットモデルとしてガソリンを
採用したMR2を望む声もあること
でしょう。

ボディサイズは86よりもコンパクトになり
先代のMR2よりも少し上回るぐらいの
ボディ寸法になりそうです。

それにMR-Sのようなオープンモデルも
ラインナップされれば選択肢が増えて
いいですよね。

86よりも小型なら狭い日本でも
趣味車としてセカンドカーとしての
人気がでそうです。

 

エンジンスペック

搭載されるエンジンには2Lエンジンが
予想されていて最高出力が245ps、
最大トルクが350Nmになると
予測されていますね。

もちろんプラットフォームは
TNGAになるでしょう。

あとはハイブリッドだと
2Lハイブリッドエンジン
電気自動車になると
どのくらいの航続距離が
可能になるのかが気になる点です。

EVになってしまうとミッドシップでは
無くなる気がしますが
ネーミングも今までどおり認知度が
高いMR2でいくでしょうね。

もしくは2シーターならバッテリーや
モータなどを後部座席の後ろ側に搭載する
スペースもあることが考えられるので
ある意味ミッドシップという見方も
創造できます。

EVになった場合には航続距離を伸ばす分
バッテリーを多く積むことになるので
重量がどれだけ重くなるのかも
きになりますね。

 

MR2新型復活 まとめ

以上、トヨタMR2新型に関する情報でした。

まだまだ詳しい情報がでてきていないので
また新しい情報が入ってきたら
スペックや発売時期や予想価格などを
さらに追記していきますね。

新車の値引きがこれ以上厳しいと思ったら、この裏ワザを使ってみてください。
この裏ワザによりさらに約13〜60万円安く購入できるかもしれませんよ!
それは「ディーラーの下取り」や「一括査定」よりも約13〜60万円も高く買い取ってもらえた実績がある方法です。
この情報を知らないのと知っているのとでは新車購入時の予算で雲泥の差がつきます。

車査定・買取の見積もりはこちら

-スポーツカー
-2ドア, かっこいい, トヨタ, 国産車, 小型車, 新型

Copyright© クルマスタイルマガジン BEEKURU -ビークル- , 2019 All Rights Reserved.