ホンダ軽自動車 S660

ホンダ軽スポーツカーS660が50代になぜ人気?高価格でも売れるのは?

更新日:

スポンサーリンク

 

ホンダ軽スポーツカーS660ってどんな年齢層に人気か知っていますか?実は圧倒的に50代以上の男性から熱い支持を得ているんですよ。見た目のかっこよさもさることながら、無限やモデューロのチューニングされたグレードも大人気で通勤からサーキットまで走れる軽四ですよね。

購入する際は無限モデューロで悩む人も多いみたいですからね。2000万円もするNSXの1割の価格で生粋のスポーツカーが買えるのが魅力です。

とはいっても軽四としては高めの価格でも売れる理由を知りたいということで口コミ・評価をチェックしていきましょう!

画像出典 https://flic.kr/p/yuJ6zv

S660の特徴

ホンダ軽自動車 S660

画像出典 https://flic.kr/p/icGhLi

ホンダのS660がリニューアルデビューしてからスポーツカー好きの方の間で大好評になっています。

コンセプトは伝説のホンダ軽スポーツカーの復活です。50代以上のホンダファン待望のノスタルジックなブランドの復活ですから、購入者の中心はやはり50代以上になっています。

無限やModuloのプロデュースときていますから、昔の走り屋志向の男性には垂涎の車だと言えるでしょう。そこで数量限定の販売方式をとり、プレミア性を高めているのも特徴的です。

またCONCEPT EDITIONに採用されたアクティブスポイラーやステアリング、ホイールなどスポーツカーとしてのブランドアップのためにかなりこだわったラインナップを用意しています。

もちろん内装パーツやオーディオパーツも格好良さをとことん追求したクオリティで、とても軽自動車とは思えない充実ぶりですよ。つまり大人がほしくなる車に仕上がっているという事です。

スペックは瞬発力の強いトルクで、5000回転あたりをピークにパワー設定されています。またミッドシップエンジン・2シーターの本格派スポーツカーモードで、路面への吸い付きが上々の走りを実現していますね。

まるで地面を滑る様に視界が流れるドライビングは、それだけにスピード感を高めてくれて、ゴーカート走行をイメージさせるでしょう。

人気の理由は?

ホンダ S660とNSX

画像出典 https://flic.kr/p/icGC7S

S660が50代以上に人気の理由は、ずばり昭和の高度成長期に青春時代を過ごした世代のノスタルジックです。あの時代に低予算で買えるスポーツカーとして一世を風靡したのが、初代S660でした。

日本の車社会の発展と共に街中を疾走するS660に恋い焦がれた方々が、自分の手で運転するチャンスを得た事が人気の最も大きな理由なのです。

もちろん当時では考えられない性能アップが加えられていますし、フロントマスクやリアビューも高級車レベルに仕上がっています。

50代以上の中高年男性が乗っても十分に格好がつくステイタスを持っていると言えるでしょう。

価格帯も軽自動車では最高級クラスで、お金に余裕が出てきた50代以上の方には相応しいものとなっています。

 

口コミや評価は?

ホンダ軽自動車 S660

画像出典 https://flic.kr/p/xoCpk4

口コミの評判を見ますと、納得・満足の声でいっぱいです。

ただし若い世代の口コミには否定的な声もあるのは事実です。スポーツカーはコアなファン層が支える車で、現代の若者の興味の対象外とも言えますね。

軽自動車にしては、高い価格設定がやはり気になるという人もいますね。

ですが数量限定のプレミアムモデルですので、このくらいの住み分けをする方がメリットになるでしょう。

 

まとめ

ホンダ軽自動車 S660

画像出典 https://flic.kr/p/icGgMV

ホンダS660はNSXは買えないけど、軽自動車でスタイリングや雰囲気をしっかりと楽しみたい人にはピッタリの軽スポーツカーです。

運転席に座ったときに着座位置なんかはレースカーを思わせるような低さで非日常感が満載です。

奥さんやお子さんたちには、この走る楽しみは理解しがたいかもしれませんが、お父さんの休日のとっておきの癒やしの時間を与えてくれそうですね。

日産 新型 フェアレディZ
日産フェアレディZ次期新型発売は2019年?遂に噂のハイブリッド搭載?

関連記事はこちら!

新車の値引きがこれ以上厳しいと思ったら、この裏ワザを使ってみてください。
この裏ワザによりさらに40万円安く購入できるかもしれませんよ!
それは「ディーラーの下取り」や「一括査定」よりも40万円も高く買い取ってもらえた実績がある方法です。
この情報を知らないのと知っているのとでは新車購入時の予算で雲泥の差がつくかもしれませんよ。

車査定・買取の窓口見積もり

スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございました!
SNSでのシェアご協力ありがとうございます。

-軽自動車
-, ,

error: Content is protected !!

Copyright© クルマスタイルマガジン BEEKURU -ビークル- , 2018 All Rights Reserved.