カローラ ツーリング フィールダー スポーツ

カローラフィールダーのフルモデルチェンジは2019年秋!新型の性能は?

更新日:

トヨタ カローラフィールダー新型登場は2019年秋の予定で初の全幅が3ナンバーワイドボディになります。
プラットフォームはTNGAになり新型カローラハッチバックに搭載された2.0リッターハイブリッドを備えるようです。

デザインと装備が大きく進化してデビューするカローラフィールダー次期型の情報をご紹介します!!

次期新型へのフルモデルチェンジは2019年秋を予定!

新型カローラフィールダーのフルモデルチェンジは2019年秋になる予定でカローラハッチバックよりも1年以上も後にデビューするスケジュールになります。

ステーションワゴンのフィールダーとともにセダンのアクシオも同じ時期にフルモデルチェンジになる予定です。

ボディサイズはシリーズ初の3ナンバーに!

カローラ ツーリング フィールダー スポーツ 内装

カローラアクシオ新型は5ナンバーサイズ枠におさまりますが、カローラフィールダー新型はカローラハッチバック新型と同じく3ナンバーサイズになります。

ワイドフォルムになり、スタイリッシュな外観を手に入れるようです。
次期型はターゲット層を広げるためにデザインが若返り若年層にもアピールするようです。

 

パワートレイン スペック

新型カローラフィールダーのエンジンにはハイブリッドと1.2リッターNAエンジンが採用されるようです。

  • 1.2L直4ガソリン直噴ターボエンジン/最高出力116ps・最大トルク185Nm
  • 1.5Lガソリンエンジンハイブリッド/最高出力75ps・最大トルク120Nm モーター(最高出力63ps・最大トルク163Nm)
  • 1.8Lガソリンエンジンハイブリッド/最高出力98ps・最大トルク142Nm モーター(最高出力72ps・最大トルク163Nm)
  • 2.0Lガソリンエンジンハイブリッド/最高出力107ps・最大トルク180Nm モーター(最高出力109ps・最大トルク202Nm)

ハイブリッドは新型カローラハッチバックとパワートレインを共有することになるでしょう。
ただ新開発の2.0リッターハイブリッドが採用される可能性が高く、1.8リッターハイブリッドは新型ではラインナップされない可能性もあるようです。

そして、カローラフィールダー新型にはスポーツグレードが登場するという噂があり、カローラハッチバック新型スポーツにも採用される新開発の直列3気筒1.6リッターターボ(最高出力250ps・最大トルク294Nm)を搭載するという話もあります。

現行型では地味なイメージがつきまとうフィールダーですが、フルモデルチェンジにより外観も若返りパワートレインもパワフルなエンジンを採用することで人気を取り戻すことができるのかが注目ポイントです。

 

予想発売価格

新型カローラフィールダーの予想発売価格は160万円から250万円ほどと予想されています。

安全装備や先進技術が採用され、外観もスポーティでスタイリッシュなデザインになることを考えれば現行型よりは値段設定があがるかもしれませんが最小限に抑えられると思います。

 

カローラフィールダー 2019年モデルのおさらい

カローラ ツーリング フィールダー スポーツ 内装

  • 全幅が3ナンバーサイズになる!
  • 2.0Lハイブリッドが搭載される!
  • スタイリッシュなデザインになる!
  • フルモデルチェンジは2019年秋!

トヨタカローラフィールダーは日本ではもう馴染みのある国産ステーションワゴンですが、新型は今までの地味なイメージを見事に壊してくれることに期待したいですね。

ハッチバックでは欧州車と競合するためにスタイリッシュなデザインを手に入れたので、カローラフィールダーもシリーズ初の3ナンバーサイズボディになりグローバルで対決できるステーションワゴンの登場は2019年秋なのでそれまで期待を込めて待ちましょう!

出典参照元
トヨタ プレス

新車の値引きがこれ以上厳しいと思ったら、この裏ワザを使ってみてください。
この裏ワザによりさらに約13〜60万円安く購入できるかもしれませんよ!
それは「ディーラーの下取り」や「一括査定」よりも約13〜60万円も高く買い取ってもらえた実績がある方法です。
この情報を知らないのと知っているのとでは新車購入時の予算で雲泥の差がつきます。

車査定・買取の見積もりはこちら

-ステーションワゴン
-トヨタ, ハイブリッド, ファミリーカー, 国産車, 新型

Copyright© クルマスタイルマガジン BEEKURU -ビークル- , 2019 All Rights Reserved.